FC2ブログ
野茨
ゲーム系ヘタレ日記と妄想の日々です 女性向けのよこしまな二次創作を含みます。 お嫌いな方は、お見逃し下さい。





↑オロチ学園で参加しましたv

↑投稿予定ですv


まとめページの背景素材をお借りしているサイトさんですv 素敵な素材がたくさんあります。

web*citron
まとめページの背景素材をお借りしているサイトさんですv 可愛らしい素材がたくさんあって、見ているだけでも楽しいです。

mituhide ↑光秀ちゃん受け部屋ですv
カテゴリー
プルダウン表示になっています
minikanetsugu.gifmini-heart.gifminimasamune.gifmini-heart.gifminimitsunari.gif
次回のキリ番は、1100000です。踏んだ方がいらっしゃいましたら、何かリクエストいただけると嬉しいですv ご連絡は、拍手、記事のコメント、メールのいずれかでお願いいたします。
コメントへのお返事
萌え処

紅狼さま(絵系サイト) キラiiさま(絵系サイト) ёkoさん(絵系サイト) 吾郎さんv(にゃんこ系サイト) 翔/朔夜さま(絵、文字系サイト)アイコンお借りしてますv ban.jpg
ジンコさま(絵、文字系サイト) ban.jpg八木さん(絵系サイト) ban.jpg影山さん(絵系サイト) ban.jpg留吉さん(絵系サイト) ban.jpgZBSさん(文字系サイト) ban.jpg那智様(絵系サイト) 爪子さん(絵系サイト)

当ブログ野茨は、リンク、アンリンク、フリーでございます。
リンクフリーですが、18歳未満の方にはよろしくない記事を含んでおりますので、リンクをしてくださる方は18歳以上の方に限らせていただきます。

↓バナ-作ってみました
">
banner.png ブログURL:http://niibara.blog70.fc2.com/ バナーはお持ち帰りでお願いします。 ↑BASARA別宅 ↑MGS別宅
検索さま
プロフィール

mouhu

Author:mouhu
無双の政宗への愛情を持て余しています。
なにか、連絡等ございましたら、niibara☆hotmail.co.jp(☆を@に換えてください)まで、お願いいたします。

カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
--------(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オロチ学園番外:夜桜見物 前編 (趙関)
2010-04-05(Mon) 22:09
拍手下さった方、ありがとうございます!


↓まだ趙雲出てきません……
 弁当を持って関平が屋上に上がると、やはり弁当を手にした政宗と幸村も屋上に来ていた。新学期に3人は弁当を持ってくる事が多くなり、学食へ行く事も少なくなっていた。
「政宗のお弁当はいつもきれいでござるな」
 先に食べ始めていた政宗の弁当を見て、関平が羨ましそうな声を出した。政宗の弁当はほとんど政宗自身が作っているのだ。これは誰にも言っていなかったが、政宗が弁当を持って来るようになったのは、兼続が弁当を持って行くようになったからだった。講義や試験が忙しく、昼食を買いに行く暇も無いと言う兼続に、政宗が弁当を作る事にしたのだ。毎朝、政宗は兼続に弁当を届けてから登校している。本当のところ弁当は口実で、毎朝兼続に会える僅かな時間が楽しみだった。
「関平の弁当もいつも旨そうじゃ」
 政宗も関平の広げた弁当を覗き込んで言った。関平の弁当は趙雲が作っていた。栄養のバランスも考えられてはいるが、関平の弁当は所謂キャラ弁と言ってもいいようなものだった。毎回ウサギやコアラの弁当を教室で広げるのは、流石に関平も恥ずかしく、こうして屋上で食べるようになったのだ。
「幸村、喰わんのか?」
 弁当を開けない幸村に政宗が尋ねると、
「…はい……食べた方が良いですよね」
 と幸村は歯切れの悪い返答をした。
「不思議と味は旨いのじゃろう?見掛けよりは味じゃ」
「そうでござるよ、一生懸命作っているに違いないでござる」
 二人に言われて、幸村は渋々と言った様子で弁当を包んでいるナプキンを解いた。
 ……幸村の弁当箱の中身は、全部がキミドリ色だった…。
「…目に痛い弁当じゃな」
 思わず本音の出た政宗を、関平が小突いた。
「くのいち殿が丹精した弁当でござるよ」
 関平の言うとおり、幸村の弁当はくのいちが作っていた。毎朝いつの間にか幸村のリュックの中に入っているのだが、物が物だけに初日は食べるのを躊躇ってしまった。幸村が新学期初日に持って来たのは、ムラサキとオレンジのまだら模様に見える弁当だった。ふりかけで書かれた署名を、3人がかりでやっと判読して……、作ったのはくのいちだと判った。どんな食材を使ったのかも判らない、元の色も形も残っていない弁当だったが、恐る恐る幸村が食べてみると、……不思議な事に鳥そぼろご飯とハンバーグの味がした。怖いもの見たさで試した政宗にも、味はいいと言われたのだが、何で出来ているのか謎の弁当だった。
 美味しい事は判ったのだが、箸をつけるのに勇気のいる弁当には違いない。幸村がキミドリ色の一画を食べるのを、政宗も関平も興味津津に見ていた。
「唐揚げの味です!」
「何じゃと、このキミドリが唐揚げじゃと!」
 色がキミドリなだけでは無く、幸村が口に運んだものは真四角な形をしていたのだ。
「……ある意味天才的じゃな」
 作り方を知りたいような知りたくないような…、そんな事を言って自分の弁当に目を戻した政宗は一瞬ぎょっとした。
「ああ…何じゃ、桜か…」
 弁当に入れた覚えの無いピンク色の物を見て驚いた政宗だが、それは桜の花びらだった。染井吉野は葉桜も混じっているが、枝垂れ桜や山桜の種類もオロチ学園には多く生えているらしく、新学期が始まっても、まだ校内には薄いピンクの花びらが多く散っていた。
「そうじゃ、今週から山を解放するらしいのじゃ」
 政宗も今朝兼続に聞いたのだが、オロチ学園の校庭にある山を花見の客に一般開放するらしかった。
「業者も入れて縁日のように屋台も出るらしい」
「屋台でござるか」
 関平が嬉しそうに聞いた。
「うむ、近隣の子供達にオロチ学園に馴染んでもらうのが目的らしい」
「拙者、りんご飴が食べたいでござる~」
 地域交流の事よりも、関平にはりんご飴の方が大事らしかった。
「馬鹿め、りんご飴より、趙将軍を誘って花見と思わぬか?」
「あ…そうでござるな。拙者、帰ったら趙将軍に言ってみるでござる」
「幸村も…」
 くのいちを誘ってはどうかと政宗が幸村の方を見ると、
「ポテトサラダの味です!」
 幸村がフォークを握り締めて叫んだ。
「な、何じゃと!それは唐揚げと同じ真四角ではないか!」
 先ほど食べた唐揚げと同じ形で同じ色な為に、幸村は唐揚げと信じて食べたのだ。政宗も自分の箸で同じような四角い物を取って食べてみると、
「リンゴじゃ!」
 政宗の口の中でそれはシャリシャリと音を立てた。
「何故でござる!リンゴをどうしたらこんな風に出来るでござるか!」
 関平も思わず一つ四角い物を口に入れた。
「ご…ご飯でござるよ~!しかも白飯の味でござる!」
 次々に四角い物を口に入れる3人。……どれとして同じ味の物は無かった…。
 3人は花見の話どころでは無く、すっかりくのいちの弁当に夢中になってしまった。 
スポンサーサイト

<< オロチ学園番外: 夜桜見物 中編 (趙関) | Top | 暗夜桜花 後編 (兼政) >>

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://niibara.blog70.fc2.com/tb.php/1325-390bd8d9
... この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。